「サイレント・パワハラ」で続く憂鬱

数ヶ月に渡った大きな会議の幹事役がようやく終わったと思ったら、今度は1年以上続く新システムの主運営に携わらなければならなくなった。
ここでイヤな感じになるのが、その役目が立場に応じて振り分けられてはいないということと、キチンと頼まれた訳でもないということ。

要はなんとなく、これまでの経験や年齢に応じて、なし崩し的に役割が決まってしまったのだ。
具体的に言うと業務命令は受けていない、ということだ。
上に立つ人が、ここで何をやっているのか、誰が適任なのか、本来立場的に誰の仕事なのかをまったく把握していないから、こういうグダグダになってしまう。
私は完全にレールから外れた人間なのでこんな大役は御免被りたいし本来その立場でもない。

これでまた憂鬱が続くことになった。
これでまた胃炎と十二指腸潰瘍が再発悪化することになるだろう。
今度は本格的に心療内科に行かなければならないかもしれない。
具体的に誰かになにかをされた訳ではないが、言わばこんなのは「サイレント・パワハラ」である。


         
 
           人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

日本酒がうまい

尿酸値がレッドラインに近づいており、来月最終判決を受けるために検査を受けなければならない。
その間にこちらとしてはできるだけ値を下げたいので、いろいろと試しています。

若い頃はウイスキーしか飲まなかった。最初に覚えて、且つ飲みやすかったのがウイスキーだからでしょうか。
仕事柄昼夜逆転した生活を長いこと送っていて、自室で朝方まで音楽ビデオを見ながらウイスキーを飲むなんてことをよくやっていました。
ビールを飲むようになったのは30代も半ばになってからでしょうか。
そのうち焼酎に変わりました。
ウイスキーも焼酎もロックで。

検査を受けた医者からは「ワインならいい」と言われました。
ある人からは「日本酒なら大丈夫」とも言われました。
ネットには「焼酎は大丈夫」とも書いてありました。
どれが本当なんでしょうね。
とりあえずビールだけは避けているというのが現状でしょうか。

焼酎ばっかりというのもどうなのかと思い、日本酒に挑戦しているのですが、これが意外とイケる。
日本酒は若い頃に燗で飲まされたときの、あの独特の匂いとアルコールの強さが強烈な記憶となって残っていて、ずーっと拒絶反応を持ち続けていたのですが、歳のせいもあるのかもしれませんが今じっくりと飲んでみるとこれがうまいのです。
種類にもよるのかもしれませんが、今飲んでいる「一ノ蔵」は米の味が感じられる甘みです。
まあ、ほどほどにしておきます。


         
 
           人気ブログランキングへ






近頃思案していることのいろいろ

こまごまとした近頃思案していることのいろいろ。

その一、コンビニで電子マネーの残高をいちいち言わなくてよろしい!
これは主に家の近くにある“コンビニF”なのだけど、清算時にいちいち電子マネーの残高を声高にしゃべる。
まあ、マニュアルにそうしろと書いてあるのだろうけど。
言われる側としては、残高が少なくてもイヤだし、多くてもイヤなものだ。
きちんと精算しましたからね、という言わば念押しなのだろうが、そんなことはいちいち確認しなくてもよろしい。
ちなみによーく見ていると、ベテランと思しき店員さんはお客に気を遣ってかあまりやらずに、若い店員は何も考えずにマニュアル通りにやっているようだ。

その二、スマホの動くCMが邪魔だ!
スマホの真ん中あたりに突然出てきて下の方にすーっと動くCM。
間違って触らせることだけを目的にしており、まるで罠である。
こんな不誠実なやり方がまかり通る世の中はおかしいと思う。
カネになりさえすれば何でもいいという考え方はおかしい。
みんなで声を大にして「おかしいものはおかしい」と言わなければならない。

その三、スマホがアップデートしたら使いづらくなった
アップデート後は明らかに使いづらくなった。
明るさが勝手に変更されている。
私は白内障なので普通の明るさだとまぶしいから通常よりいくぶん暗く設定するのだけど、いつのまにかそれが動いている。
それもそのときによって暗くなったり明るくなったりして一定ではない。
これは非常に困る。
メモ帳はカーソルを当てると勝手に一番上に動くようになった。
その上の文章を見ながら書きたいときにいちいち動かして直さなければならない。
全体的に動きも鈍くなったし、メーラーの文字もヘンに大きくなったりフォントが変わったりしている。
明らかに使いづらくなった。なんのためのアップデートなのだろうか。

その四、カラオケを始めたら喉の調子はいいけど
カラオケを始めたら喉の調子がいい。
声が出るし、言葉も随分滑らかになったような気がする。
しかし、若い頃に飲み屋でやっていた当時と比べるとやはり明らかに滑舌が悪く、歌詞がうまく回せないことに改めて気づかされた。
昔は歌えた曲が歌えなくなっていたのはちょっとショックだ。
具体的には当時一番得意としていた渡辺美里の曲などがそう。
果たしてどこまで戻すことができるか。自分との勝負である。


         
 
           人気ブログランキングへ






「マイティ・ジャック」(11話 燃える黄金)

休みにチャンネルnecoで録画しておいた「マイティ・ジャック」の(11話 燃える黄金)を鑑賞。
久しぶりにじっくり観ました。
凄まじいほどツッコミどころ満載でしたw

・敵も味方もなぜかやたら面目にこだわる
・出発時の注水は相当時間がかからはず
・戦闘時のあの制服には一体どんな意味が?
・とにかく無駄な間が多い
・とにかく無駄なアップが多い
・とにかく大げさなスローが多い
・改めて戦艦と飛行機と潜水艦の合体って…
・あれじゃ小回りが効かないわな
・出撃時のエレベーターは満杯
・特撮は模型感がはっきりと
・なぜネクタイ姿が多いのか?
・Qのボスはなぜオウムを飼っているのか?
・当時はみんなタパコ吸ってたよなあ
・ハムの玉木とまで言われた男w
・組織としてはサラリーマンと軍隊の中間のように見える
・死神博士もV3から来た男もイデ隊員も出てた
・チーム内乱闘あり。この組織に規律ってものはないのか?
・Qの敬礼はハイルヒトラー
・オープンカーはベンツですねえ。当時は結構高かったでしょう
・特撮といい実写の車の破壊といい金はかけてますよね。現代ではとてもあのマネはできません
・別働隊はいったいだれ?
・破壊された機器の修理がものすごく早い
・母艦で空中戦ができるサイズじゃないはず
・あの隊員二人は本当に死んだんでしょうか

いやー、当時のテレビ番組ってやっぱりいろんな意味ですごいわ。


         
 
           人気ブログランキングへ





秋ですなあ…。

秋

秋ですなあ…。

陽が沈むのも早くなりました。


         
 
           人気ブログランキングへ